甘めの味噌だれとバターが味のポイント

鮭ときのこのホイル焼き

野菜たっぷり

減塩

鮭に野菜ときのこをたっぷり使った主菜で、甘めの味噌だれとよく合います。ホイル焼きは意外と簡単です。彩りもよく、中の具を変えればいろいろなアレンジが楽しめます。
By 鈴木 杏子(13期生)

レシピID:00000036

食事バランスガイド

食事バランス

エネルギー239  kcal
たんぱく質16.1 g
脂質12.8 g
カルシウム39 mg
0.9 mg
食塩相当量0.9 g

(1人分)

材料(1人分)

生鮭 70 g(1切)
えのき 15 g
しめじ 15 g
キャベツ 25 g
たまねぎ 30 g
にんじん 10 g
青ねぎ 5 g
A:合わせみそ 6 g (小さじ1)
A: 6 g 
A:みりん 6 g (小さじ1)
A:砂糖 1.5 g (小さじ1/2)
バター 4 g (小さじ1)

作り方  25分

  1. (1)きのこ類は石づきを落とし、えのきは半分に切る。キャベツは幅1cmのざく切り、たまねぎは薄切り、にんじんは細切り、青ねぎは小口切りにする。
  2. (2)Aの調味料を合わせる。
  3. (3)アルミホイルを広げて、中央にキャベツとたまねぎを敷く。その上に鮭、えのき、しめじ、にんじんを順にのせて、Aの調味料をかける。
  4. (4)(3)の上にバターを置き、最後に青ねぎをのせて、アルミホイルを包む。
  5. (5)フライパンに(4)を入れ、蓋をして中火で10-12分蒸し焼きにする。

ここがおすすめ!from Labo.

・野菜にバターの風味が広がっておいしかったです。

・たくさんの野菜が入っていて、ボリュームがあります。

こがおすすめ!from Labo.

レシピから知る・学ぶ

【鮭について】 通常流通しているものは「白サケ」で、他に身が赤い「紅ザケ」、養殖や輸入ものに多い「銀ザケ」、スモークサーモンに用いられる「キングサーモン」などがあります。サケの身のピンク色はアスタキサンチンです。強い抗酸化作用があり、動脈硬化の予防や美肌効果が期待できます。カルシウムの吸収を促すビタミンDも多く含まれています。イクラはサケの魚卵です。

みんなのRecipeレポ!

気になる!2022.06.22さん

彩りもよくてご飯もとても進みそうです!

 前のレシピ 一覧に戻る次のレシピ 

ログアウトしました。


会員登録をして、お気に入りのレシピを記録しよう!

会員登録後に「気になる/作ったよ」のボタンおよびみんなのRecipeレポ機能が使えます。

便利な機能なので
ぜひ会員登録してみよう!

会員登録をするとあなたの気になるレシピや作った料理を管理でき、いつでもサイトから閲覧できます。
また、Recipeレポをみんなと共有できたり楽しい特典がたくさん!

会員登録はこちらから!